私たちの仕事
Work1

耐火被覆工事

耐火被覆工事とは、建物の骨組(梁・柱)を耐火性・断熱性の高い材料で被覆する工事のことです。建物(鉄骨造)に火災が生じた際、火災が鎮火するまでの建物の倒壊を防ぐため、建物を熱から守らなければなりません。建築基準法上、鉄骨造は一定基準の耐火被覆をすることで耐火構造とみなされます。
K・C・ONE株式会社では、各部位に合った工法で耐火被覆工事を行います。


写真:半乾式ロックウール吹付け工法

半乾式ロックウール吹付け工法(半湿式)

工場で圧縮梱包され、現場に搬入されたロックウールを解綿機で解繊(ほぐす)し、ホースを通し圧送機で施工箇所まで圧送し、吹付けノズル先端でセメントスラリー(セメントと清水を混ぜたもの)と同時に噴霧し梁や柱、壁等に吹付ける工法です。
【特長】半乾式ロックウール吹付けは、原料がロックウールとセメントのみで火災時の発火・発煙もなく、有毒ガスの発生もありません。更には、内部に微細な空気孔を構成することで吸音性にも大変優れています。施工時は所定の場所にプラントを設置し、最大約200m先の施工階(場所)まで材料を直接圧送することが可能、そのため高層階に資機材を運搬・設置する必要がなく、材料の揚重コストも抑えられます。また、セメントスラリーのみの吹付けができるので、表面硬化処理が容易に行えることから、機械室などの露出部分にも適しています。

※サーモテックスSW・スプレーコート ニューシステム・ブロベストR‐S


乾式ロックウール吹付け工法

ロックウールとセメントを工場であらかじめ混合した材料を、現場で圧送・噴霧させた清水で材料を包み湿潤させながら吹付ける工法です。
圧送距離が15~20メートル程度で、機械を施工階に設置して行います。専用吹付け機の吐出量が少ないため1日あたりの施工能率は高くありませんが、機械設置が容易に行え、100Vで動くのでリニューアル工事や部分補修工事に適しています。

※サーモテックス・スプレーコート・ブロベストR

写真:乾式ロックウール吹付け工法

写真:巻付け耐火被覆工法

巻付け耐火被覆工法

耐熱ロックウールと表面不織布を組み合わせた耐火被覆材です。工場であらかじめ加工されたシート(又はロール)状の材料を、スタッド溶接した専用ピンで必要箇所に巻き付けて固定する工法で、施工時の発じんが少なく養生の必要がありません。他業種との同時作業も可能です。

※マキベエ・ロックカバー


成型板耐火被覆工法

素材そのものが明るく・美しいけい酸カルシウム耐火被覆板です。 意匠性の高い形状加工もでき,耐火品質は目視にて容易に確認できます。工場でのオーダーサイズプレカットが可能ですので,現場での加工・廃材を極少化でき,大規模な粉じん飛散防止養生の必要もなく,施工者にもやさしい商品です。

※タイカライト・ニュータイカライト

写真:成型板耐火被覆工法

Work2

断熱・結露防止工事

断熱・結露防止工事とは、断熱材(押出発泡ポリスチレン、硬質発泡ポリウレタン、グラスウール、ロックウール各種断熱材)等と、防湿及び防水の組合せによって構成され、熱と湿度を遮断し、熱エネルギーを効率的に活用する為に施す工事が熱絶縁工事です。


写真:現場発泡硬質ウレタンフォーム吹付工法

現場発泡硬質
ウレタンフォーム吹付工法

主剤と硬化剤、2種類のウレタン原液をミキシングガンで混合して、壁面下地に直接スプレーする画期的な断熱工法です。スプレー工法ならではの短い工期、
熱伝導率が低く優れた断熱性能を示します。近年ますます注目度が高まりつつある省エネルギーに大きく貢献する断熱材であり、オゾン層破壊に対応した従来タイプに加え、現在では最新の技術による、より環境に配慮したノンフロンタイプの登場で、幅広いご提案が可能となり、これまでの生産合理性に更に環境適応性を持たせた、時代の要求に的確に応える断熱工法です。


EM不燃断熱材吹付工法

EM不燃断熱材は、基材層と仕上げ層よりこうせいされるロックウール系吹付け不燃断熱材「EM不燃断熱材」です。従来のセメントをバインダーとして使用する吹付けロックウールとは異なり、ロックウールを高分子樹脂(エマルション)で吹き固めることにより、低密度で、高い断熱性と粘り強さを実現した環境に配慮した新しい断熱材です。


Work3

保温・保冷工事

「保温」とは対象物を被覆し熱放散を少なくすること「保冷」とは常温以下の対象物を被覆し侵入熱量を小さくすることで、熱の損失を防ぐことです。
ビル、工場のタンクや配管などの熱を外に逃がさない、または外部からの熱の侵入を防ぐために、熱を伝えにくい材料である保温保冷材を取り付ける工事を「保温保冷工事」または「熱絶縁工事」といいます。


住宅の断熱のほか、オフィスビルの冷暖房換気設備・給排水衛生設備、周辺のビルに冷暖房や給湯を供給する地域冷暖房の配管、工場・発電所・船舶等における高温の蒸気設備、低温の液化天然ガスや液化石油ガスの配管・タンク、半導体工場では、それぞれの条件に適した保温保冷材が取り付けられています。
保温保冷材には、人造鉱物繊維保温材(ロックウール保温材,グラスウール保温材)、無機多孔質保温材(けい酸カルシウム保温材,はっ水性パーライト保温材)、発泡プラスチック保温材(ポリスチレンフォーム,硬質ウレタンフォーム,フェノールフォーム,ポリエチレンフォーム)、金属保温材(原子力向で内部の金属箔により輻射熱を反射する金属のみの保温材)等があり、また形状も板状、フェルト状、成型品、綿状(バルク)、現場吹付けと様々です。
「保温・保冷」によりは熱の損失が最小限に抑えられるため、省エネルギー対策として極めて重要で、地球温暖化対策に不可欠な役割を担っています。


ビル配管保温
ビル配管保温
屋内ダクト保温
屋内ダクト保温

施工実績 写真1 写真2
<代表施行例>
年度
工事場所
元請先
2006年度
大津市/大津赤十字病院
清水建設株式会社
2007年度
神戸市/播州信用金庫三ノ宮ビル
赤鹿建設・大成建設JV
2008年度
神戸市/フェニックスプラザ摩耶
清水建設株式会社
2009年度
京都市/イオンモールKYOTO
清水建設株式会社
2009年度
大阪市/本町ガーデンシティー
大成建設株式会社
2010年度
神戸市/神戸中央市民病院
清水建設株式会社
2011年度
大阪市/本町南ガーデンシティー
鴻池組・大林組JV
2013年度
大阪市/梅田北ヤード開発グランフロント大阪
大林組・竹中工務店JV
2014年度
大阪市/淀屋橋東京海上日動ビルディング
株式会社大林組
2014年度
宇治市/宇治徳洲会病院
清水建設株式会社
2014年度
大阪市/大阪拘置所
株式会社奥村組
2014年度
大阪市/JCHO大阪病院(旧大阪厚生年金病院)
株式会社大林組
2014年度
大阪市/KDDI大阪第2ビル
株式会社大林組
2014年度
吹田市/SENRITOよみうり
清水建設株式会社
2016年度
大阪市/中之島フェスティバルタワー・ウエスト
株式会社竹中工務店
2016年度
吹田市/イオンSENRITO専門館
清水建設株式会社
2017年度
大阪市/UDゆめ咲ビル
鴻池組
2018年度
大阪市/なんばスカイオ
大林組・竹中工務店・南海辰村建設JV
2018年度
大阪市/ザ・ロイヤルパークキャンバス大阪北浜
清水建設株式会社
2019年度
大阪市/積和不動産関西南御堂ビル
株式会社竹中工務店
2019年度
京都市/京都府警本部新庁舎
清水建設・岡野組・古瀬組JV
2020年度
箕面市/大阪大学箕面キャンパス
清水建設株式会社
2020年度
神戸市/神戸駅前JUSTスクエア
株式会社鴻池組
2020年度
大阪市/ホテル京阪天満橋駅前
株式会社鴻池組